国内線の機内に持ち込める手荷物サイズのルール変更

2009年12月1日から、国内全航空会社間で機内に持ち込める手荷物に関するルールが変わりました。

2009年12月1日から国内線の機内に持ち込める手荷物サイズのルール変更

100席以上の機種の場合、持ち込める手荷物のサイズは、縦・横・奥行きの3辺の和が115cm以内、55cm×40cm×25cm以内となりました。

100席未満の機種の場合、、縦・横・奥行きの3辺の和が100cm以内、45cm×35cm×20cm以内となりました。

持ち込める手荷物の個数1個で、全重量は同じく10kgです。これらは以前と同じです。

国際線航空券の国内搭乗区間を持っている場合は、国際線のルールが適用となりますが、 国内線を乗り継いでマレーシアへ行く場合など、注意が必要です。

シェアする

フォローする